オーナーブログ

センスがある、ない、って・・・

「センスあるね〜」

 

「センスないかも・・」

 

 

とか

 

作るヘアスタイルなどや、自身の世界観、服装などで

 

美容師は「センス」という言葉を他の職業より使うかもしれません。

 

 

でも

 

そもそもセンスって誰が決めるの?

ある人と、ない人は生まれつき決まっているの?

 

とか、私はよく考えます。

 

 

 

最近なんとなーくですが

 

 

それは

 

今まで見たり聞いたりした事の情報量

 

そして

 

「感じる力」

 

 

だと思います。

 

 

 

 

ウチはよく「人がカットしてる時に、手が空いてたら見てた方が良いよ」

 

というんですが

 

ここで

 

「あー、いつもの感じか、仕上げはワックスかな、用意しとこ」

 

ていう人と、

 

「なるほど〜、ああやってパネルを引き出すからこうなるんだ、自分と比べてどうだろう、自分だったらこう切るかな、このお客様はこのスタイリストのこういうところを気に入って指名されてるんだ、よし、自分も練習してやってみよう」

 

という2者がいるとしたら、どうでしょう?

 

 

 

まあ、間違いなく後者の人が伸びるでしょう。

 

要は、全く同じ物を見たり体験しても、感じ方によって

成長スピードに雲泥の差が出るという事です。

 

 

昔から言われている

 

 

「見て盗め」

 

 

という言葉がありますが

 

最近とても身に沁みます。

 

 

 

近年、美容業界は教育に力をいれて非常に良い事ですが

 

いくら熱心に教育しても

 

上記の人のように

 

 

「見て感じない(盗む気ない)人」は成長しにくいですし

 

 

「見て感じる(盗みたい)人」

 

とは

 

数年経った時には、もう取り返しがつかないくらいの差になります。

 

 

 

 

これって言われて直せるところじゃなく、本人に興味があるかないかの話なんですが・・

 

なので「見て盗め」って言われるんじゃなく

 

 

「見て盗む」

 

って自分が強く思って日々感じてないとチャンスが駄々漏れになってしまうので

 

注意ですね!

 

では〜〜