オーナーブログ

現役美容師が考える!美容師からのおすすめ転職先4選!!

こんにちはー

 

市川市妙典にある美容室 nilsのオーナー川村です。

 

専門学校などから卒業して資格を取り、念願の「美容師になれた!」

と意気込んでみたものの、美容師ならではの理想と現実にギャップを感じてしまい。

「休みが少ない。」や「思っていた以上に忙しすぎる。」などの理由から他業種への転職。

 

美容業界に限った事でもないですが、これがけっこうありますよね?

 

本来は美容師の魅力を、多いに語らなくてはならない立場である事は百も承知で

 

今回のコラムでは、
現役美容師もしているオーナーが美容師の【転職】について
お話ししたいと思います。

美容師の転職は身近でけっこうよく起こる

当時、私が通っていた専門学校でも卒業して

 

洋服の販売員になったり、トラックの運転手になっていた人がいました。

 

 

わざわざ美容師になろうと入学したのに何ですぐ他の道に・・・?

 

 

と、思っていましたが辞めた同級生が

 

「他にやりたいことが見つかった」と言ってました。

 

要は他に自分に合うおもしろそうな仕事があるんじゃないか。

 

ということですよね。

 

 

 

それはそれで良いと思います。

 

自分の人生ですから

 

 

そこで、【美容師の転職サイト】を見る前に、現役美容師の私が考える

美容師から、4つのオススメ転職先!

① 美容商品のディーラーor メーカー

ある程度、美容師として経験を積まれた方にオススメです。

美容師さんの気持ちがわかる、経験談を話せるアドバンテージはデカいです。

商材についても知識はある程度持ち合わせてる為、一番違和感がない職業かもしれません。

 

② 美容部員(百貨店やドラッグストアの化粧品売り場の方)

ほぼ女性に当てはまると思いますが、

美容部員さんもオススメです。

メーカーに就職できたりすると

手厚い福利厚生と共に、研修制度も充実し、

大手だとボーナスも支給されます。

 

③ アパレル販売員

これは、美容師”あるある”で、美容学校 → アパレルって結構あるんですよ!

ファッション業界ということでつながっているのかな。

元々オシャレが好きで美容師になったのだから自然と言えば自然な流れなのかもしれませんね。

ただこれは全く一から始めないといけませんし、洋服の造詣の深さはハンパなものじゃありません。

ちょっとオシャレをかじったぐらいだと相当量の勉強が必要になります。

 

 

④ポータルサイトの営業

元美容師であれば、現役美容師のかゆいところに手が届くはず。

ただし、大手の会社は「大学卒業」が必須になる為、その他大勢の会社で自ら営業して切り開いていかなければなりません。

美容師はどちらかというとお客様を待つ仕事。(今はそうでもないか・・)

逆に営業は自ら攻めないとお客様にありつけないです。

ガンガンいきましょう!

 

 

まとめ

いかがでしたか・・・?

ざっと上げたのは美容師を辞めた知り合いがすすんだ仕事です。

他にも色々あると思いますが

美容師の仕事の特性を活かした転職先をご紹介いたしました。

 

ご参考下さい。

 

ただ

 

美容師をあきらめるなら

スタイリストになってお客様をしばらく担当してから

考えても良いと思います。

美容師の魅力は自分の技術でお客様に喜んで頂けるのが

醍醐味なので・・・

今まで頑張って来た事が報われる瞬間ですから

 

「なるまでの年数がもったいない!」

と思うなら教育カリキュラムが早いサロンに勤めるのがオススメです。

 

人生はそれなりに長い

 

美容師の転職は、まずやりたかったことに挑戦してからでも遅くはないかもですね

 

 

では〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中途採用のみなさんへ

LINE

新卒の方へ